Kalaser

新着情報

2010年03月19日(金) | RSS Feed

“虹レーザー”の開発について

日本電気通信大学において、先日開発された新型設備“虹レーザー”は同時に16種類レーザーを出すこと。この設備を応用して、同時に細胞内の多種蛋白質を観察され、新薬の開発を促進する。 “虹レーザー”は波長350ナノの近紫外線から950ナノの近赤外線範囲以内の光を発射される。虹の7種類色以外に、ニ種類中間色に介在している中間色を発光され、最大同時に16種類色のレーザーが発光することができる。 “虹レーザー”発光の維持時間は15フェムト秒のみ(1フェムト秒=千万億分の一秒)、一秒時間以内に、レーザーを1000回に連続に出され、毎回消耗されたエネルギーが非常に少ないので、こんなレーザーを細胞に発射しれば、傷の発生をしないこと。 研究社員は“虹レーザー”を利用し、細胞の照射をすると同時に細胞以内に各種蛋白質の動かすことをみられる。尚、“虹レーザー”が環境汚染分野の監督を発揮させ、工場から排出した汚水にレーザーを照射されば、有害物質の有無を確認されると言いました。





News for 2010年03月16日(火)


View all news for 2010年03月16日(火) on one page




Recent News




News archive



Copyright © 2018 KaLaser(レーザーポインターの世界).
wholesale mlb jerseys nba jerseys wholesale wholesale mlb jerseys cheap NFL Jerseys Free Shipping Cheap NBA Jerseys