Kalaser

新着情報

2010年04月07日(水) | RSS Feed

照準器

照準器は機械照準器と光学照準器に分かれ、照準鏡も光学照準装置と呼ばれ、起源は考証しにくい、せめて16世紀のヨーロッパーに、もう誰が銃床に眼鏡レンズを固定すると試して見ました。文字に記載され、19世紀以前に、火器に望遠鏡タイプの照準装置があり、弱い光条件下の照準に適用する。19世紀40年代になって、あるアメリカ銃器技術工が光学付き照準装置の銃器を製造し始め、1848年ニュヨークで、詹姆斯という人が銃身と同じ長さのタイプ照準装置を設計できました。該装置の後半部にガラスレンズを取り付け、そして2条が照準の十字線に利用され、その後、類似の照準装置がアメリカ内戦中に活用を得ました。でも真正の実用価値を持つ照準鏡は1904で誕生しました。ドイツの卡蔡司が開発され、そして第一世界大戦中に利用されました。第二回目大戦中で、照準鏡発展が熟成し始まり、ずっと現在まで、照準鏡は主に以下三種類:望遠鏡照準器、準直式照準鏡、反射式照準鏡に分かれる。





News for 2010年04月06日(火)


View all news for 2010年04月06日(火) on one page




Recent News




News archive



Copyright © 2017 KaLaser(レーザーポインターの世界).
wholesale mlb jerseys nba jerseys wholesale wholesale mlb jerseys cheap NFL Jerseys Free Shipping Cheap NBA Jerseys