Kalaser

波長変換プロセス

ここで、和周波発生を含めた他の波長(周波数)変換プロセスについて述べる。その様子を図1に示す[1]。

             図1:波長(周波数)変換プロセス

和周波発生

和周波発生(Sum Frequency Generation:SFG)は2つの低周波数光から1つの高周波数光に変換する方法で、次式で示される。

主に長波長から短波長へ変換するときに用いられる。
例:基本波1064nmの場合
1064nm+1064nm→532nm:第2高調波発生(Second-Harmonic Generation:SHG)
1064nm+532nm→355nm:第3高調波発生(Third-Harmonic Generation:THG)
532nm+532nm→266nm:第4高調波発生(Fourth-Harmonic Generation:FHG)
1064nm+266nm→213nm:第5高調波発生(Fifth-Harmonic Generation:FIHG)

差周波発生

差周波発生(Difference Frequency Generation:DFG)は2つの周波数光から1つの周波数光に変換する方法で、次式で示される。

主に、短波長から長波長へ変換するときに用いられる。
例:1064nm-1550nm→3400nm

光パラメトリック発生

光パラメトリック発生(Optical Parametric Generation:OPG)は1つの周波数光から2つの周波数光に変換する方法で、次式で示される。

OPGはSFGの逆過程であり、ポンプ光fpはシグナル光fsとアイドラー光fiに分割される。結晶への入射角度を変えることによって、広帯域に波長を変えることができる。
例:355nm→532nm+1064nm

(1)光パラメトリック発振器

光パラメトリック発振器(Optical Parametric Oscillation:OPO)はOPGと同様に、1つの周波数光から2つの周波数光に変換する方法で、次式で示される。

OPOはOPGの構成に2つのミラーを用いて共振器を形成することで構成さ
れる。

(2)光パラメトリック増幅器

光パラメトリック増幅器((Optical Parametric Amplification:OPA)ではシグナル光をより強いポンプ光と共に入射すると、シグナル光はポンプ光からエネルギーをもらって増幅し、それと同時にアイドラー光が発生する。

Reference and Links




Copyright © 2017 KaLaser(レーザーポインターの世界).
wholesale mlb jerseys nba jerseys wholesale wholesale mlb jerseys cheap NFL Jerseys Free Shipping Cheap NBA Jerseys