Kalaser

レーザーのクラス分けと措置基準

レーザー機器から放出されたレーザー光はエネルギー密度が高いため、レーザーを適切に取り扱わ なければ、使用者に障害が発生する場合があります。そこで日本ではレーザーの使用者の障害を防止することを目的に国際電気標準(IEC)の基準をもとに日 本工業規格「レーザ製品の放射安全基準」JIS C 6802が規定しています。

JIS C 6802ではレーザ製品をその危険度に応じてクラス分けし、「レーザー機器のクラス別措置基準」に基づいて必要な措置が講じられています。

※レーザー発振器:レーザーを生成し、又は増幅できる機器。

レーザー機器のクラス分け(2005年改正版)

レーザー機器のクラス分けは、日本工業規格 C6802「レーザ製品の安全基準」の「8.クラス分け」によるものとします。

レーザー機器のクラス分け
クラス クラス分け概要 警告ラベル
1 出力は0.39mW以下
予知できる条件の下では安全なレーザー。
不要
1M 出力は0.39mW以下(波長:302.5nm~4000nm)。
予知できる合理的な条件の下で、レンズ系を用いてレーザー光を観察しなければ安全(裸眼は安全)。
必要
2 可視光で出力は1mW以下(波長:400~700nm)。
瞬きなどの目の嫌悪反応により安全。
不要
2M 可視光で出力は1mW以下(波長:400~700nm)。
レンズ系を用いて観察することがなく、瞬きなどの目の嫌悪反応ができれば安全。レーザーの放射レベルはクラス2と同じ。
必要
3R 出力はクラス2(可視光の場合)またはクラス1(不可視光の場合)の出力の5倍以下。 必要
3B 出力は0.5W以下。
直接または鏡面反射した光を見たり触れたりすると危険。
必要
4 高出力(0.5Wを超えるレベル)。
直接または鏡面反射した光だけでなく散乱光も危険。これらは皮膚障害、火災を発生させる危険もある。
必要

※クラス1M, 2Mは、ルーペまたは双眼鏡等のレンズ系を使用しないかぎり安全となるレーザ製品に対して設けられたクラス。

レーザー機器のクラス別措置基準一覧表

詳しくは厚生労働省のレーザー光線による障害防止対策要綱参照

レーザー機器のクラス別措置基準一覧表
措置内容(項目のみ) レーザー機器のクラス
4 3B 3R 2M
1M
レーザー機器管理者の選任 ※1  
管理区域(標識、立ち入り禁止)    
レーザー光路 光路の位置 ※1
光路の適切な設計・遮へい ※1  
適切な終端 ※1 ※2
キーコントロール    
緊急停止スイッチ等 緊急停止スイッチ    
警報装置 ※1  
シャッター    
インターロックシステム等    
放出口の表示  
操作位置      
光学系調整時の措置
保護具 保護眼鏡 ※1  
皮膚の露出の少ない作業    
難燃性素材の使用      
点検・整備
安全衛生教育
健康管理 前眼部(角膜、水晶体)検査 ※1  
眼底検査      
掲示 レーザー機器管理者 ※1  
危険性・有害性・取扱注意事項
レーザー機器の設置の表示    
レーザー機器の高電圧部分の表示
危険物の持ち込み禁止    
有害ガス、粉じん等への措置    
レーザー光線による障害の疑いのある者に対する
医師の診察、処置

○印は措置が必要なことを示す。
※1 400~700nmの波長以外のレーザー光線を放出するレーザー機器について措置が必要である。
※2 JIS規格10.6に掲げるレーザー機器にあっては、レーザー光路の末端は、適切な反射率と耐熱性をもつ拡散反射体又は吸収体で終端する措置が必要である。

Reference and Links

 


Copyright © 2017 KaLaser(レーザーポインターの世界).
wholesale mlb jerseys nba jerseys wholesale wholesale mlb jerseys cheap NFL Jerseys Free Shipping Cheap NBA Jerseys