Kalaser

希ガスレーザー

希ガスレーザー(noble gas ion laser)の媒質は、放電によってイオン化されたアルゴンイオン(Ar+)やクリプトンイオン(Kr+) である。このため、希ガスレーザーは希ガスイオンレーザーとも呼ばれる。Ar レーザー(Ar イオンレーザー) の代表的な発振線はブルー(488.0nm) とグリーン(514.5nm)、Kr レーザー(Kr イオンレーザー) の代表的な発振線はレッド(647.1nm、676.4nm)、Ar とKr の混合気体の発振線は450~670nm である[1]。希ガスレーザーの媒質と波長を表1にまとめた[2,3]。

表1 : 希ガスイオンレーザーの媒質と波長。
()内の数字は発振線の本数を表す
イオン 帯域 波長
Ar+ 紫外
可視
赤外
275.4-390.8nm (16)
408.9-528.7nm (13)
1090nm
Kr+ 紫外
可視
赤外
337.5-356.4nm (3)
406.7-676.4nm (13)
752.5-858.8nm (5)

希ガスレーザーは比較的高出力(Ar レーザーで25W 程度[4]) であるため、レーザーショーやレーザーディスプレーなどのエンターテインメントや加工、研究に用いられる[5]。しかし、発振に希ガスイオンを作る必要が あるため、高出力レーザーでは大電流が必要である。

Reference and Links



Copyright © 2017 KaLaser(レーザーポインターの世界).
wholesale mlb jerseys nba jerseys wholesale wholesale mlb jerseys cheap NFL Jerseys Free Shipping Cheap NBA Jerseys