Kalaser

新着情報

2010年07月16日(金) | RSS Feed

レーザー彫刻

レーザー彫刻:主にオブジェクトの表面で行い、ビットマップ彫刻とベクトル彫刻に分かれています。 ビットマップ彫刻:我々は先ずPHOTOSHOPで必要な彫刻図面を網点処理をして、単色BMPイメージへ変換したものの読み込みが可能であり、後専門的なレーザー彫刻切断ソフトウェアでグラフィックファイルを開けます。我々が加工された材料に応じて適当なパラスメータを設置したらよい。運行をクリックして、レーザー彫刻機はグラフィックファイルができました格子効果によって彫刻を行っております。 ベクトル彫刻:ベクトルソフトウェア例えば:Coreldraw,AutoCad,Iluustrator形式でデーターを作成頂き、グラフィックをPLT,DXF,AI形式に変換して読み込みが可能であり、また専門的なレーザー切断彫刻ソフトウェアでグラフィックファイルを開き、レーザー彫刻機に送って加工を行いこと。 広告業では主に、木材、色板。ガラス、色紙など材料加工に適用する。




レーザー加工機

レーザー加工機は最新技術として、現在各分野に応用される。レーザー加工機適用範囲は金属切断、ガラス切断彫刻などである。レーザーは自然界の光と同じで、原子の遷移によって生成され、まだ自然放出によって引き起こされる。レーザーと普通の光の異なることはレーザーが最短時間以内に自然放出、後完全にレーザー輻射で決め、従って、レーザーは非常に純粋な色を有する。ほとんど有無方向発散性、レーザーはまたコヒーレンス、高強度、高方向性を持ち、レーザー器によるレーザーは反射鏡を介して伝達し、且つ集束鏡によって加工対象品に照射し、加工対象品は強い熱の影響で温度が急に増加するので、当る部分が高温のため、迅速に溶ける或いは気化する、それと共に、レーザーの運行軌跡に合わせることによって加工の目的を実現する。レーザー加工技術は広告界での応用は主に以下に如く:レーザー切断、レーザー彫刻この二つ作動方式に分かれ、各種作動方式に対して、操作流れは少し違います。




レーザー加工

レーザー加工は新しい加工方法として、加工精確、迅速、操作簡単、高自動化など特徴を持つ、革、紡織服装界で広範囲応用されました。レーザー切断機と伝統的な切断方式と比べ、低価額、低消費電力だけではなく、機械圧力がないので切断できあがった製品の効果、精度及び切断スピードが非常に良い、そして安全な操作、簡単な補修など特徴を持ち、24時間連続作動が可能である。レーザー機で切断できあがった不織布は変色しない、変形しない、硬くない、寸法が一致します。任意に複雑な形をカットできる、高効率、低コスト、パソコンでグラフィックを設計し、各種類な形及びレースはカットできる。開発スピードが速い、レーザーとコンピューター技術の組み合わせで、ユーザーはコンピューターで設計すれば、すぐレーザー彫刻の輸出が実現し、まだいつでも彫刻の変換が可能であり、設計しながら製品ができること。





News for 2010年06月04日(金)


View all news for 2010年06月04日(金) on one page




Recent News




News archive



Copyright © 2019 KaLaser(レーザーポインターの世界).
wholesale mlb jerseys nba jerseys wholesale wholesale mlb jerseys cheap NFL Jerseys Free Shipping Cheap NBA Jerseys